写真

右から朱美容疑者、父親、聖光さん(読者提供)

弟を練炭自殺に見せかけて殺害した疑いで6月20日に大阪府警に逮捕された足立朱美容疑者(44)には、“偽装の前科”がある。 「2006年8月に、離婚でもめていた郵便局員の元夫の定期入れに大麻を入れ、警察に逮捕されるように偽装したのです」(民放報道局記者) 子どもの親権を自分のものにするという身勝手な欲望を満たすために、平気で罪をなすりつけることができる人間性。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング