写真

写真はイメージです

タイ北部のチェンライ県の地元サッカーチームに所属する、11歳から16歳の12人の少年と、コーチの合計13人が大雨の増水の影響で洞窟内に取り残された事故で、その救出劇は、世界中がくぎ付けになった。 現場には家族や報道以外の人間が たまたま、遭難した日にメンバーの誕生日のお祝いをサプライズで行うため、水やお菓子、パンなどを大量に持っていたのが幸いし、全員が発見されるまで、なんとか食べ繋ぐことができたのも奇跡といえるだろう。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング