伊調馨が成し遂げたリベンジと、心に火をつけた谷岡学長のあの言葉

週刊女性PRIME / 2018年10月16日 11時30分

1回戦をポイントで10点差以上つけて勝利、2回戦もフォール勝ち。決勝戦は3分34秒でフォール勝ちし、3試合とも格の違いを完全に見せつけての完勝となったレスリング女子、五輪4連覇の伊調馨(34)。 2016年リオデジャネイロ五輪以来、2年2か月ぶりの実戦となる全日本女子オープン選手権の57キロ級に出場して、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング