写真

都が考案したヘルプマーク。これがついたカードも知られつつある

臓器の機能に障害のある内部障害や精神障害などは、身体障害とは違い見た目ではわかりにくい。こうした「見えない障害」を持つ当事者は、家族や仕事の関係に悩み、外出時も工夫するなど試行錯誤している。 突然、高次脳機能障害を患って 「取材が苦手になってしまった。いまは、対象者とベストの距離がつかめる自信がありません」 これまで家出少女や貧困層の売春、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング