写真

写真はイメージです

1986年『女が家を買うとき』(文藝春秋)での作家デビューから、71歳に至る現在まで、一貫して「ひとりの生き方」を書き続けてきた松原惇子さんが、これから来る“老後ひとりぼっち時代”の生き方を問う不定期連載です。 第11回 石飛幸三先生のお話を聞いて感動したこと 「死ぬのは気持ちがいいらしい」 人生100年時代と言われるようになって久しいが、100年以上、生きたいと本気で思っている人がどれだけいるだろうか。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング