花形だったフジの月9が失墜した本当の理由「男女関係の絶望」とは

週刊女性PRIME / 2019年3月21日 21時0分

「平成の前半に当たる'90年代、ドラマといえばフジテレビ、もしくは月9と言われてきました」 かつての主人公は「お金をかけながら恋愛していた」 そう話すのは、元テレビプロデューサーで上智大学の碓井広義教授。当時は『101回目のプロポーズ』『東京ラブストーリー』(ともに'91年)など、タイトルどおりの恋愛ドラマが花盛り。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング