写真

『家なき子』で主人公を好演した幼少の安達祐実

「平成の前半に当たる'90年代、ドラマといえばフジテレビ、もしくは月9と言われてきました」 かつての主人公は「お金をかけながら恋愛していた」 そう話すのは、元テレビプロデューサーで上智大学の碓井広義教授。当時は『101回目のプロポーズ』『東京ラブストーリー』(ともに'91年)など、タイトルどおりの恋愛ドラマが花盛り。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング