写真

稀勢の里

4月23日から東京・両国の国技館に併設されている「相撲博物館」で、『特別展七十二代横綱稀勢の里展』が開かれる(6月14日まで)。 日ごろは伝統文化としての相撲を伝えるため歴史的な展示の多い相撲博物館で、引退したばかりの横綱の展示をするのは、とても珍しいことだ。 湯気が立ちそうな締め込みも 「そもそも資料がないと展示は成立しません。今回はご本人に親方を通じてお願いしたところ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング