私の腕の中で、息を引き取った息子が教えてくれた「言葉のチカラ」

週刊女性PRIME / 2019年5月26日 11時0分

『ありがとう。ママはもう大丈夫だよ―泣いて、泣いて、笑って笑った873日』の著者・武藤あずささんは、普通の母親として次男を出産。しかし突然、わが子の余命宣告を受けます。最愛の息子との限られた時間を、どう幸せに生きるか。苦しみながらも、たどり着いた先に見えたのは「言葉のチカラ」でした。生きる意味を教えてくれた、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング