写真

※写真はイメージです

今年6月、動物愛護法が改正された。背景には、空前のペットブームの中で顕在化した過剰繁殖や飼育放棄、動物虐待などの問題があった。はたして、法改正によってペットと人間の関係はどう変わるのか。ペット流通の問題に詳しい朝日新聞の記者、太田匡彦さんに寄稿してもらった。 ◆◆◆ ペットブームの裏にある悲しい現実 昭和の終わりごろ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング