写真

ヒキタクニオさん

「当初は1、2回で何とかなるかなと思っていたのですが、まさかこんな目にあうとは思わなかったです」 自らが取り組んだ5年におよぶ男性不妊症治療の記録を著書『ヒキタさん!ご懐妊ですよ──男45歳・不妊治療はじめました』にまとめた小説家のヒキタクニオさん(58)は、笑いながらそう語る。 精子の運動率が正常値の半分だった 幼少期のやんちゃ話を10歳年下の妻に話していた際、「ヒキタさんの子どもの顔が見てみたい」の言葉がきっかけで子づくりに取り組み始めたのが2006年。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング