写真

カルロス・ゴーン被告

「私はある日突然、貪欲な独裁者にされました」 日産自動車元会長、カルロス・ゴーン被告(65)は日本時間の1月8日午後10時から逃亡先のレバノンで会見を開いた。 2時間半にわたり、自らの潔白や同社の立て直しに貢献してきた旨を主張。逮捕は同社幹部や日本政府の「陰謀」で、ほかにも司法制度の批判など恨み節をぶちまけた。 しかし「日本からの脱出方法は話さない」など口を閉ざす部分も多く、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング