写真

マスク表面はひだの山を下向きに。着脱時はゴムひもしか触らない

「うがいで、のどについたウイルスのほとんどを落とすためには、20分間ずっと、うがいを続けなければならない。相当しんどいので推奨しません」 と感染症専門医で東京・品川の『KARADA内科クリニック』の佐藤昭裕院長。 マスクのプリーツの位置確認を マスクの着用についても、 「細かい飛沫で浮遊するウイルスを防ぐ手立てはありません。家庭用マスクをつけていても通り抜けてしまいますから。医療従事者用の『N95マスク』ならば微粒子をほぼキャッチできますが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング