写真

安藤優子キャスターと長野智子キャスター

新型コロナウイルス後を見越して、テレビ局が“大物切り”に舵をきり始めた。 「コロナでどうしようもないんだ、ということにすれば、言い訳もとおりやすい。あとは、番組をつぶすのではなく、番組を合体させたり、放送時間帯を移動させるなどすれば、出演者は無抵抗で受け入れるしかない」 スポーツ紙放送担当記者はそう話し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング