100年ぶりの新種「クマノザクラ」紀伊半島で発見 なぜ、これまで気づかれなかった?

Jタウンネット / 2018年3月21日 6時0分

地球上のすべての植物が完全に把握されているわけではなく、毎年新種の植物が発見され、報告されている。一般的には知られていないような植物であることも多いが、2018年3月13日に森林研究・整備機構森林総合研究所(森林総研)が発表した新種は、なんとサクラだった。紀伊半島南部に未知の野生のサクラが分布していることが確認され、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング