地元で愛された書店がまたひとつ... 津田沼の書店「BOOKS昭和堂」閉店発表に惜別の声殺到

Jタウンネット / 2018年8月13日 11時0分

『白い犬とワルツを』(テリー・ケイ著、新潮文庫)という小説がある。この本を紹介した手書きのPOPがきっかけで、大ベストセラーとなったことがある。「妻を亡くした老人の前に、あらわれた白い犬。この犬の姿は老人にしか見えない。それが他の人たちにも見えるようになる場面は鳥肌ものです。何度読んでも肌が粟立ちます。感動の一冊です!!」(「BOOKS昭和堂」POPより)2001年当時、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング