「ひとさじ」の意味、関東人と関西人で違う? 意外な「地域差」描いたマンガ話題に

Jタウンネット / 2019年3月14日 20時0分

料理のレシピなどでよく見る「ひとさじ(一匙)」。文字通り、スプーン一杯分の量を指す言葉だ。例えば、何かの調味料を「隠し味」として入れるときなどに、この表現を使うことが多いだろう。実は、この「ひとさじ」の量には、関東と関西で違いがあるらしい。そんなテーマを描いたマンガが、いまネット上で話題になっている。こんなことにも地域差があるんだなとふと思い出したこと。pic.twitter.com/EkOER0i2iQ—後藤羽矢子()2019年3月8日すりきり?山盛り?こちらは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング