太宰の墓にサクランボ押し込む「謎の風習」 誰が何のために?そのルーツを追った

Jタウンネット / 2019年6月24日 20時0分

初めて見た人は不思議に思う光景かもしれない。太宰治の遺体が発見された6月19日は「桜桃忌」と呼ばれ、禅林寺(東京都三鷹市)にある墓には毎年多くのファンが訪れる。この時期になると毎年たくさんのサクランボや味の素など、太宰にゆかりのある物が供えられる。今年も同様の光景が見られたが、なかでも目を引くのは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング