写真

あいぱっど(石松さんのツイートより)

自宅学習でつまらなそうな子供たちに、「自由に漢字を創ってみよう」と提案したら最高傑作が生まれた――。NASAのエンジニア・石松拓斗さんのそんなツイートが話題になっている。一体どんな漢字が生まれたのかというと......部首は「くにがまえ」、画数は「7画」。「回」の中に点を一つ打ち込んだようなこの新しい文字の読みは「あいぱっど」。そう、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング