写真

先週までFIFAワールドカップの現地取材でロシアを訪れていた日本テレビのアナウンサー、ラルフ鈴木。花形とも言える誇らしい役回りにもかかわらず、スタジアムからレポートする彼の表情に覇気がなかったのは、気のせいでしょうか?気を揉んでいたのも無理はありません。6月14日発売『週刊文春』で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング