写真

2010年当時の「東京都青少年の健全な育成に関する条例改正案」では、創作された文字・視覚・音声情報で未成年と認識される創作上の架空のキャラクターを意味する法制上の専門用語として、「非実在青少年」との言葉がある。そんな言葉が再び脚光を浴びつつある。 発端となったのは、国連が発表した「児童労働搾取の厳罰化・禁止」を求めるガイドライン。 その草案の中には「写真、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング