写真

八木沢慎一(仮名、裁判当時54歳)は高血圧のために働いていたタクシー会社を退職せざるを得なくなりました。会社の寮に住んでいた彼は退職と同時に住居も失いました。 彼は当時住んでいた練馬区の生活サポートセンターに連絡し、福祉事務所で紹介された自立支援センターの寮に入所することになりました。 生活保護を受けながら寮で生活し高血圧の治療をしてまた働けるようになるまで体勢を整える、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング