写真

ホンダは、2020年7月で同社のステーションワゴン「ジェイド」を生産終了することを明らかにしました。一方、同社には同じくステーションワゴンの「シャトル」がラインナップされますが、2020年4月期で前年比160%を達成しています。この違いはなんなのでしょうか。 ■ジェイド生産終了でも…シャトルが堅調なワケ2020年7月に生産を終了することが明らかになったホンダのミニバン&ステーションワゴン(3列モデルと2列モデルをラインナップしていた)「ジェイド」。生産終了となる大きな理由は人気が振るわなかったことと推察されます。2019年度販売台数ランキングでは登録車のトップ50にも入っていませんでした。一方… [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング