写真

香港の外国人記者クラブ周辺で、言論の自由を訴える反中派=14日(共同)

【香港共同】香港独立を主張する政党「香港民族党」の陳浩天代表が14日、外国人記者クラブ(FCC)で講演し、同党への活動禁止命令を検討する香港政府を批判、独立こそが「民主主義を実現する唯一の道」と主張した。 中国外務省の香港出先機関は「報道の自由の乱用。独立勢力とFCCがレッドライン(許容できない一線)を踏むことは絶対許さない」とする非難声明を発表。香港政府も「独立を吹聴する場を提供したことは不適切」だとして、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング