【ソウル共同】韓国外務省は15日、安倍晋三首相が靖国神社に玉串料を奉納し、超党派の議員連盟などが参拝したことについて「深い憂慮を表明する」との報道官論評を発表した。 論評では安倍氏らの名指しはせず、昨年に続いて抑えた表現になった。 論評は「日本の政治指導者たちが歴史に対する真摯な省察と反省の姿勢を示すことを求める」と強調。「こうした姿勢を基盤にしたときに韓日関係が未来志向的に発展し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング