【北京共同】中国外務省の陸慷報道局長は15日、安倍晋三首相が靖国神社に玉串料を奉納し、一部の国会議員が参拝したことに関し、靖国神社は極東国際軍事裁判(東京裁判)のA級戦犯を合祀していると指摘した上で「日本の誤ったやり方に断固反対する」と批判するコメントを発表した。 ただ日本に軍国主義と徹底して一線を画すよう求めた昨年と比べ、批判のトーンをやや抑えたコメントとなった。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング