写真

報道の自由の必要性を訴え、トランプ氏に反論する社説を掲載した16日付のニューヨーク・タイムズ(右)とワシントン・タイムズの紙面(共同)

【ワシントン共同】米上院は16日、民主主義での報道の自由の重要性を訴え「報道機関への攻撃を非難する」とした決議を満場一致で採択した。「メディアは国民の敵ではない」と明記し、名指しは避けながらもトランプ大統領に報道の自由を尊重するよう迫った。 米国では「メディアは国民の敵だ」と公言するトランプ氏の言動に懸念が高まっており、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング