ジャカルタ・アジア大会のバスケットボール男子日本代表4選手が買春行為で代表認定を取り消された問題で、4選手が所属するBリーグの各チームは21日、日本協会から正式な処分が科されるまで、当該の選手を謹慎させると発表した。 発表したのは永吉佑也が所属する京都、橋本拓哉の大阪、今村佳太の新潟、佐藤卓磨の滋賀。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング