たんの吸引が必要な男児(医療的ケア児)を巡り、教育委員会や学校が集団登下校や遠足への保護者の付き添いが必要だとしたのは、障害を理由とした差別を禁じた障害者差別解消法に違反するなどとして、愛知県内の公立小に通う男児とその両親が12日までに、地元自治体に計330万円の慰謝料を求める訴訟を名古屋地裁に起こした。 医療的ケア児は医療技術の進歩を背景に増加傾向。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング