スルガ銀行から購入費用の融資を受けた女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」の物件所有者の弁護団が12日記者会見し、過剰な債務を負わされたことへの対応策が不十分として、同行の元役員らに265人分、計約350億円を請求すると明らかにした。12日付で請求し、書類が到着後10日以内の支払いを求めている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング