写真

2014年に診断されたがんの部位別患者数

国立がん研究センターは14日、2014年に新たにがんと診断された人は86万7千人で、過去最多を更新したと発表した。高齢化に伴って増加は続くとみており、18年は101万4千人になると予測する。部位別で最も多かったのは大腸がんの13万4千人で、13年に1位だった胃がんを抜いた。戦後の衛生状態の改善によって胃がんの原因となるピロリ菌の感染者が減ったためとみられる。 がん患者の内訳は男性が約50万2千人、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング