写真

25日、米ニューヨークの国連総会会場で演説の順番を待つエクアドルのモレノ大統領(手前右)(AP=共同)

【ニューヨーク共同】トランプ米大統領は25日の国連総会の一般討論に遅刻した。2番目に演説予定だったが、3番目のエクアドルのモレノ大統領が繰り上がって演説した。会場には国連加盟国の首脳らが待機しており、遅刻は極めて異例。 トランプ氏は最初に演台に立ったブラジルのテメル大統領の演説が終わった時点で到着しておらず、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング