介護サービスを利用していない要介護者を支える家族に慰労金を給付する事業で、一部の市町村と広域連合が、サービスを利用し対象外となる世帯にも支給していたことが17日、会計検査院の調べで分かった。支給額は2015、16年度で計8億9千万円。うち国の交付金は計約3億4700万円に上った。 検査院は「サービスにも介護保険が適用されており、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング