日本相撲協会の第三者機関、暴力問題再発防止検討委員会が19日、実態調査などを踏まえた報告書を公表し、兄弟子から弟弟子への暴力がほとんどで、場所はほとんど相撲部屋か地方場所中の宿舎だったと指摘した。

トピックスRSS

ランキング