中央省庁の障害者雇用水増し問題で、弁護士らによる検証委員会は22日午前、調査報告書を公表した。退職者や視力の弱い人を多数算入した例を示し「障害者の対象範囲や確認方法の恣意的解釈が不適切な計上の原因」と認定。「ずさんな対応」「極めて由々しき事態」と指摘した。 検証委は33行政機関にヒアリングを行い、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング