写真

宮城県南三陸町で観察されたオリオン座流星群の流星。下の星はシリウス=22日午前4時25分

秋の夜空を彩る「オリオン座流星群」が22日未明、出現のピークとなる極大を迎えた。宮城県南三陸町では、満天の星の間に放たれた無数の「光の矢」が見られた。 この日は全国的に晴天に恵まれ、特に月が沈んだ後は観測の好条件となった。国立天文台によると、公転する地球が、ハレー彗星から出たちりが集まるところを通過する際、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング