東京医科大の第三者委員会が23日公表した第1次報告書からは、入試を巡り、臼井正彦前理事長(77)=贈賄罪で在宅起訴=と鈴木衛前学長(69)=同=が特定の受験生への加点を口頭で指示したことなど、2人による不正の詳細が浮かぶ。推薦入試の合否判定の際には「男性を多く取りたい」との発言もあったという。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング