写真

男子400メートル自由形で2位に入った萩野公介(左)=東京辰巳国際水泳場

短水路(25メートルプール)で争う競泳のワールドカップ(W杯)東京大会は9日、東京辰巳国際水泳場で開幕し、男子400メートル自由形で萩野公介(ブリヂストン)が3分42秒24で2位に入った。2016年リオ五輪覇者のマック・ホートン(オーストラリア)が3分40秒58で勝った。 男子100メートルバタフライは川本武史(トヨタ自動車)が50秒28で優勝し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング