西日本高速道路(大阪市)の男性社員=当時(34)=が2015年に自殺したのは、長時間労働を減らす対策を怠ったことなどが原因として、遺族に業務上過失致死容疑で告訴されていた元上司ら8人について、神戸地検は16日、不起訴処分とした。 17年2月に神戸地検に告訴していた。地検は「関係者の事情聴取や資料の精査を行った結果」としている。 告訴状によると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング