横浜市の旧大口病院(現横浜はじめ病院)で2016年9月に起きた点滴連続中毒死事件で、横浜地検は7日、入院患者の男女3人の点滴に消毒液を混入し殺害したとして、殺人罪などで、当時病院に勤務する看護師だった久保木愛弓容疑者(31)を起訴した。追送検分の男性殺害容疑は不起訴処分とした。 3カ月間の鑑定留置で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング