日産の報酬文書、手書きで修正か ゴーン前会長がサイン

共同通信 / 2018年12月11日 17時40分

日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)=金融商品取引法違反の疑いで再逮捕=が、日産の有価証券報告書に記載せず、退任後に受け取る予定の報酬額などを記した「報酬契約書」の一部に手書きで修正を加えていたとみられることが11日、関係者への取材で分かった。ゴーン容疑者は契約書にサインしており、東京地検特捜部は、報酬額の決定に深く関与し、虚偽記載の認識があったとみている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング