【ソウル共同】来年以降の在韓米軍駐留費負担を話し合う米韓高官協議が11日、ソウルで始まった。駐留費負担に関する特別協定が今月末に期限を迎えるため、今回が最終交渉の位置付けとなる。韓国側は大幅な負担増を懸念しており、13日までの協議期間中に妥結できるかどうかが焦点だ。 聯合ニュースによると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング