特殊詐欺事件の被害金を宅配便で受け取ったとして詐欺罪などに問われた「受け子」の被告の上告審判決で、最高裁第3小法廷(宮崎裕子裁判長)は11日、二審の無罪判決を破棄し、逆転有罪とした。被告は「中身を知らなかった」と主張したが、判決は「詐欺に当たるかもしれないと認識しながら受け取った」と判断した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング