【ワシントン共同】米CNNテレビは10日、トランプ大統領の最側近となる次の大統領首席補佐官人事で、メラニア大統領夫人が最有力候補とされたペンス副大統領の首席補佐官エアーズ氏の起用に反対していたと伝えた。 エアーズ氏は任期を巡ってトランプ氏と折り合わず、就任の打診を断ったとされるが、CNNはメラニア夫人の意見も一因になったと報じた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング