2019年に開かれる新天皇の「即位の礼」に参列する外国元首らの接遇費用として、19年度予算に51億円が計上される見通しになった。国内外の賓客を招く「饗宴の儀」の簡素化が決まり、概算要求の85億3千万円を大幅に減額した。外務省関係者が11日、明らかにした。 饗宴の儀は来年10月22日以降に実施される。1990年の前回は計7回開き、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング