写真

北京の米自動車メーカー、テスラの販売店=7月

【北京共同】米ブルームバーグ通信は11日、中国政府が近く、米国車に課している輸入関税を40%から15%に引き下げると報じた。米中貿易摩擦の解消に向けて中国が一定の譲歩をするとみられる。 自動車を巡って中国は今年7月、輸入車全般の税率を15%に引き下げたものの、貿易摩擦の相手である米国の車については25%の報復関税を加えて税率を40%とした。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング