奈良県生駒市の近畿大医学部奈良病院は12日、50~80代の入院患者13人から特定の抗生物質が効かないバンコマイシン耐性腸球菌(VRE)を10~12月にかけて検出したと発表した。遺伝子を調べたところ院内で感染した可能性がある。うち4人は、胃がんや胆管がんなどで死亡し、病院はVREとの因果関係はないとしている。 病院によると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング