写真

大分県別府市がインターネットで公開している、タトゥーがあっても入浴が可能な温泉100施設を示す地図

2019年ラグビーワールドカップ(W杯)開催地の一つである大分県で、多くの外国人観光客の訪問が見込まれる全国有数の温泉地・別府市は、タトゥー(入れ墨)があっても入浴が可能な市内100施設を示す地図を作成し、インターネットで公開を始めた。 大分で試合をするニュージーランドなど、海外ではタトゥーが伝統文化に根ざしている場合もある。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング