埼玉県内のスーパーで万引したとして身元不詳のまま窃盗罪に問われた男に、さいたま地裁は19日、求刑通り罰金30万円の判決を言い渡した。河村俊哉裁判官は初公判で、起訴状に添付された写真と照合した上で、男が留置番号「鴻巣警察署109号」であることは認めたことから、起訴された人物と同一と判断していた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング