【ソウル共同】昨年2月の平昌冬季五輪スピードスケート・女子3000mリレーで金メダルを獲得した韓国の沈錫希選手(21)が代理人弁護士を通じ、高校生だった17歳の時から平昌五輪の1カ月前までの約4年間、代表チームの男性コーチから性的暴行を受けていたと告白した。刑事告訴を受けた韓国警察当局が12日までに捜査に乗り出した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング