【ニューヨーク共同】国連本部で15日、発展途上国でつくる「77カ国グループ(G77)」の2019年の議長国にパレスチナが就任する式典が開かれ、パレスチナ自治政府のアッバス議長が中東和平について「国家としてのパレスチナ独立を実現させる平和的解決を目指す」と訴えた。 アッバス氏は、イスラエルによるパレスチナの占領は「(中東)地域の人々の発展を妨げている」と非難。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング